2017年10月22日日曜日

嵐の使者

当然ながら台風はやってきた。

我が家の直近にある一級河川北川の高塚観測所水位(21:20時点)。避難判断水位を越え、なお上昇中である。

経時変化。 水防団待機水位を越え、高水敷が冠水しはじめたのが5時前。
小浜市内の避難所が開設されたものの、多くの公民館は投票所としても使っているので、なかなかに複雑なことになっていたようで、市役所職員さんは本当に大変だったと思う。
というか、風雨の中投票に行く側も大変だったろう。さっさと期日前投票しとけばいいのになあ。
テレビもセンキョと台風でおおわらわである。
こちらはというと、午前10時に区内高齢者に避難を促すもまだ天気も悪化しておらず応じる人なく、午後3時に1組のみ避難。遅れてもう1人避難。
降雨予想と水位挙動からすれば夜になって風雨が強くなってから避難勧告が出る可能性が高いが、もうそうなったら高齢者の避難は危険なので対応しないことを決めた。このあたりの判断はいつもむずかしいところだ。
そして午後9時前に氾濫注意水位を越え、9時過ぎに避難判断水位を越えた。避難勧告が出たのは9時前だった。

23:50時点の水位がこれで、氾濫危険水位を越え、避難勧告は避難指示に変わった。ただグラフを見るとわかるが水位上昇は沈静化傾向で、上流域の雨量もピークを越え、北川水位も一部下がりだしているので、たぶん水位は8m程度でピークだろう。
あとは、4年前の「災害ボランティアセンター」をまた開所しなければならない事態にならないことを祈るばかりだ。
センキョ報道の「外枠」に流れる台風情報を見ながら、ときどき「予想通り」とか「因果応報」とかいう言葉を思い浮かべつつセンキョ報道のほうもぼーっと見たりしながら、最後は4年前のボランティアセンターのことを思い出しつつ寝た。


2017年10月21日土曜日

嵐の前に

台風が近づき、センキョが近づき、ただでさえ行事だらけの10月が一段とあわただしくなった中、何と百里会のみなさんが来週のしがら組み設置予定地の清掃をしてくださった。

清掃といってもホーキで掃くのではない。バックホウまで繰り出して法尻にスペースを確保してくださったのである。
ありがたいし、上根来の人たちのすごさを(もう何回目かもわからないが)思い知った。

夕方、区の自主防災組織の会議。明日のまだ本降りになる前に高齢者を希望に応じて避難してもらうことになった。
現実問題、避難しないと生命財産にかかわることが起こるリスクがどれだけあるかを考えると、実効性がどれだけあるのかは意見の分かれるところだろう。
でも、多くの人はそういったリスク低減として避難するのではなく、「一人でいると不安だから」という理由で避難を希望する。
人はメンタルな生き物である。メンタル面で厳しい状況に置かれると、本当に体調を崩して病気になったり、極端な場合自ら命を絶ったりもする。
これを非合理というのかどうかはわからないが、それを理解しようとする姿勢を放棄してはいけないのだなと思う。

2017年10月20日金曜日

意地になって電車deGO

県の土木系職員(入庁4~5年)を主な対象にした技術講習会の講師を務めてきた。2年前にもやったのだが、環境に関する講習で、私は午前中を受け持って環境についての概論、法令、アセスなどを講義した。
まあそれはいいのだが、福井市で9:30からの講義なものだから、公共交通機関で行くことに固執すると、早朝から移動しなければならない羽目になる。

6:11小浜駅発の電車は1両編成。空はようやく白んでくるくらい。眠いったらありゃしない。ちなみに自家用車で行くなら1時間半もあれば余裕で着くから8時頃出発すればいい。2時間も早く出てでも公共交通で行かなければいけないのか?ただの意地かな。こういうのを本来の意味の「こだわり」というのかもしれないな。

朝もやの中を電車は走る。小浜駅を出るときは数人だった乗客は次第に増えて、敦賀駅に着くころにはほぼ満席になっていた。
敦賀駅で乗り換えるのだが、ここで待ち時間があるので駅そばを食って朝食にした、

福井駅に到着して会場まで10分ほど歩いて移動。福井市も典型的なクルマ社会で、一時はコンパクトシティなどと言っていたが、もうそんなつもりはないんじゃないかなと来るたびに思う。
12:30まで講義をして帰路についた。福井駅で駅そばをすすって電車に乗ったが、大半はうたたねしていたように思う。
小浜に戻ってマーケットで買い物をして帰宅。今週はもっぱら私は夕食を作っているのだが、今日はぶり大根。まあまあの出来で、早速缶ビールを開けてイッパイやってしまった。^o^;
とにかく今日は眠くてたまらん。早めに寝るとしよう。

2017年10月19日木曜日

センキョ終了

両親を連れて期日前投票に行ってきた。日曜日は介護タクシーが休みなので、要介護者は大変なのだ。
私自身はというと、もう先週に…あれ?確か金曜日じゃなかったかなあ?まあとにかくとっくに行ってきた。だいたいの話、公示日に面子が出そろえば、もう投票先なんて即決できそうなものである。週末に行くところもなく家でゴロゴロしているのならともかく、この行事だらけの10月、さっさと期日前投票すればいいのである。そもそも期日前投票が導入されたのも投票率向上を目指してのことなのだから、期日前投票は賞賛されるべき行為で、そういえば福井県は期日前投票増加率が全国一位だそうで大変結構なことである。

さあ、これで週末は心置きなく行事に集中して…と思っていたら、なんてことだ台風が来るじゃないか。先週のまちなか夢通りも雨中の決行となったし、これはいよいよ雨男が復活…いやいやそんなことはない。今年の10月は全国的に滅多にない気象状況のようで、中でも東京は60年ぶりの寒さとかいうではないか。私ではなく、きっと東京あたりに何やらモノノケの類がいるに違いないのである。

2017年10月18日水曜日

来年5月の話だが

来年5月に小浜で開催予定のイベント(60~100人程度の小さなコンベンション)のため、東京からお越しいただいた主催者と下見や会議。
例年5月はべったりセミナーツアーなのだが、今回ばかりは週末を確保してこちらに全力投球する。SUKIYAKI塾の皆さんにはご迷惑をおかけしますが…m(_ _)m

以前も書いたと思うが、もう詳細が決まっている行事に対して、労務だけ提供してくださいという依頼はなかなかモチベーションが上がらないものだが、今回のように内容の企画組み立て部分から携われる、さらには主体的に企画できる行事は、やっぱりやる気が出る、自分のスタンス・考え方の具現化でもあるしね。理念的インセンティブだな。
やりたいことはいろいろあって、でもきっと現実の前にできなくなることもあったり、なんとか形を変えて実現できたり、まあいろいろあるだろうが、やっぱり楽しんでやりたいね。

2017年10月17日火曜日

美味い酒は大事なのだ

警察協助員の紙芝居のため高浜町の保育園へ。今年は高浜町の3つの保育園に行くことになったのだが、今日が最後である。

リューピー君と戯れる園児たち。素朴に喜んでくれてこちらとしても嬉しい限り。
帰りにJA直売所に寄って野菜を購入。ちょっと母の調子がよくないので、夕食の食材購入である。
今日はすじ肉を使ってシチューを作った。ところで、クリームシチューは美味しいのだが、味が比較的単調なので途中で飽きることってないですか?そういうときにお勧めなのがゆず胡椒。ちょっと入れると味が引き締まっていいですよ。

そのすじ肉を買いにスーパーに行ったら沖縄産生もずくを売っていたので買って帰り、塩抜きして沖縄そばだしをかけて、風呂上がりにオリオンビールで飲んだ。さらに忠孝の古酒へ。
なかなかバタバタと忙しくもあり、またストレスが溜まったりもする日々だけれど、美味い酒と美味い肴でふんわりする、この至福の時間があれば乗り切れるさあ。

2017年10月16日月曜日

これが我が旗艦

いろいろあって朝からバタバタで、予定していたことはほとんどできなかった。まあこういう日もあるよね。
そんな中、クリニックからレッツノート君が帰ってきた。やれ嬉しやと早速使ってみると、やっぱりこれが一番しっくりくるし、動作も安定している。もちろん積んでるエンジンが違うし、メモリもストレージもパワーたっぷりだから当然なのだが。
やっぱり、このレッツノート君が中心にどんといて、ちょっとした外出とかお風呂の中とか、そういったときにポケットやらタブレットをひょいと持って行くのがいいのであって、中心にレッツノート君がいないと、旗艦なき艦隊のようなもので、心もとないことこの上ない。
パソコンだけでなく、車にしても服にしても食事にしても、さらにはライフスタイルに至るまで、「これが我が旗艦」という中心的存在はやはり必要なのだなと再認識した。

2017年10月15日日曜日

まちなか雨通り

連日のイベントだが、今日は「やさしさいっぱい!まちなか夢通り」。今年で第11回だそうで、形を変えながらも長く続いている。

しかし、今日は11回目にして初めての雨天。小雨だったのでステージイベントを中止しつつもイベントは決行。写真の奥の方にブルーシートが見えるが、雨よけである。私は主催者の一員ではありながらもWACおばまとしてブースを持っているわけではないので、いつもは比較的手持ちぶさたなのだが、今日は設営班としてがんばりました。

お客さんはパラパラとは来てくれるものの、例年とは比べものにならないさみしさである。いつもより早めにどこも店じまいをはじめ、予定より30分繰り上げて終了したものの、撤収済みの組織も多いちょっとさみしい閉会となった。まあ11年も続けていればこういう年もあるさ。

旭座の中では認知症をテーマにした劇や地域の太鼓演技披露があった。若狭町・海士坂の奉納太鼓がなんともよかった。
4時過ぎ帰宅。メール処理だけなんとかして、眠くてたまらないので仕事部屋のソファで仮眠…と思ったら2時間しっかり寝てしまった。今日も疲れたけど、ここちよく寝られそうな疲れだ。

2017年10月14日土曜日

相変わらずのノリで

文化庁主催の「ニッポンたからものプロジェクト」の小浜公演に太鼓会として出演。
日本遺産と芸能という形のない文化財のコラボというコンセプトで、全国5カ所で実施される企画なのだが、その5カ所のうちの1つとして小浜(日本遺産・鯖街道)が選ばれた。
進行役の旅人ことセイン・カミュさんが小浜にやってきて、いろんな芸能を見て、日本遺産の話を地元のアヤシイ海産物やとアヤシイ山伏に聞くという企画で、芸能は日本舞踊・花柳源九郎、長唄・(三味線)杵屋勝十郎、(囃子)望月秀幸、講談・旭堂小南綾といった新進の若手、そしてなぜか我が雲浜太鼓会の連中である。

舞台袖に控える太鼓。祭りの時より簡易なセッティング。写真を掲載するわけにはいかないが(というかそもそも無断撮影禁止)、見事な伝統芸能の数々に見惚れ聞き惚れ、こりゃあ我が棒振り大太鼓もしっかりやらにゃあいかんと控え室へ。

…祭りと何ら変わらぬ飲み食いっぷりである。お茶とともに、「一応」と思って持ってきていたビールやチューハイはあらかたなくなったどうだ。^^;
それでも短時間演奏だけに酔ったイキオイもあって何とかこなす。棒振りは我が太鼓会の自慢であるが、ピリッと鋭い棒振り演技をみせてくれた。太鼓も短時間でありさえすればパワーが何とか持続するのでがんばった。
最後に囃子・三味線・舞踊と棒振り大太鼓のコラボがあったのだが、さすがの新進若手プロ、1回のリハでピシッとまとめて太鼓の上げバイに乗せてくれた。
実にいい体験をさせていただきました。ありがとうございました。

終了後はいつものように打ち上げ。必殺必死の我が手作り「4m連結塩ビ笛」を吹く日吉3人衆。5時半から10時までずーっと飲み続け、さらに若手は居酒屋へ消えていった。
帰宅して風呂にゆっくり浸かりつつ、さてお風呂添削でも…と思ったら左肩が重い重い。今日は笛だけのつもりで行ったのだが、予定外のコラボが入って、さすがにアドリブ力も必要とされたので、久々におじさんはりきってトリで太鼓を叩いたのだ。ここ数年分全部よりたくさん叩いたぞきっと。でも気疲れと違って、気持ちのいい疲れだ。

2017年10月13日金曜日

鍋の季節

一気に寒くなった。8月頃からはいつもそうだが、一雨ごとにぐぐっと涼しく、やがて寒くなっていく。今回の雨は特に寒冷前線の北側での雨だったから、特に寒かった。
母は父の通院に付き添っていったときに上着を着忘れていたため、温度変化で体調が悪くなって午後は寝ていたようである。体を温めて回復したようでほっとしたが、高齢者はやはり「季節の変わり目」は要注意だな。
女房は修学旅行で昨日から奈良と大阪に行っていたのだが、寒冷前線の真下~南にいたためさほど寒くもなく、雨も降らなかったらしい。子どもたちには何よりだ。

この秋、初めて鍋を作った。私は味噌味が好みなのだが、今日はオーソドックスにちゃんこ鍋にした。材料を買ってきて作るところまで私がやったんですよ。といっても鍋なんてそんな自慢するような内容じゃないんだけどね。今は鍋スープがパックで売ってるし。
今日は鶏肉であっさり作ったので、次回はすき焼きでごってりいってみようかな。もちろん関西風のすき焼きでだ。
最初は肉を焼いて甘辛く食べる。そのあと肉とネギをちょっと焼いて、割り下を入れ野菜を入れて煮込む。
最初から煮汁を煮立てた中に肉を入れると、ジューッという煙や香り、肉そのものの旨さを感じる時がなくて、「こんなん煮物やんか」と思ってしまう。やっぱり最初は焼かないと。
ちなみに我が家では最初から煮汁を入れて炊き込んだものは「すき焼き風煮物」とか「すき焼き風鍋」と呼んで区別している。

まあともかく鍋は好きなので、これからの季節は楽しみだ。
ただ鍋にはビールや酒がつきものなので、夕食の後何もできなくなってしまうのが玉に瑕なんだけどね。

2017年10月12日木曜日

さらばWinフォン

ガジェットネタばかりだが…
Windows 10 Mobile、つまりWindows Phoneが終わりそうである。

http://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1710/12/news040.html

どうやらMicrosoftはメンテナンスフェーズに入り、新規開発はやめるようだ。
まあ端末数も限られており、やむなしかといった気がする。
個人的にはPCとモバイルで同一環境が手に入るかも!出張先のTVにつなぐだけでPC環境になるスマホが実現するか!などとWindows Phoneにはすごく期待していて、Continuumが使える大画面スマホということでVAIO Phone Bizを買った。
だってこんな記事とかあるんだもん。

http://news.livedoor.com/article/detail/11167627/

ケースもいくつか買ったのになあ…
実はキャリアスマホ以外で購入する初スマホで、恐る恐るドコモのSIMを入れ替えて、わあつながるつながると喜んで使っていたのだが、すぐに「使えねー」となった。
私が日常的に使うEvernoteが使い物にならない。ちなみにEvernoteはWindowsのデスクトップアプリかスマホ(Android)版、さらにはWeb版もあるのだが、いずれもWinスマホでは使えない。
さらにChromeやGoogle Map、GメールといったGoogleアプリが存在しない。GoogleはiPhone用にはこれらのアプリを提供してもWindows Phone用には提供していないのだ。だからブラウザ上で使うしかないのだが、そのブラウザがエッジかIEしかない。
そしてトドメには、あんなに期待していたContinuumがほとんど使い物にならない。ストアアプリの中にも使えないものがごまんとあって、まあつまりエッジやIEとOffice以外はまず使えない。

ということで、いつか使えるようになったら(ということは、Evernoteが使い物になるようになって、Googleアプリも使えるようになって…ということで、まずあり得ないのだが)と思って引き出しにしまっていたのだが、それもなくなったようだ。
ちぇっ。ヤフオクでさばいちゃおうかな。

2017年10月11日水曜日

体がついていかない

今日はちょっとヲタクな話なので、あからじめ断っておく。

GPDポケット君を使い始めてけっこう時間がたった。思いの外使いやすく、なんといってもコンパクトなのでファブレットとセットで日常的に持ち運んでいるのだが、ちょっと困ったことが起こってきた。

これがポケットのキーボードである。狭いボディ上にタイピングしやすいサイズでキーボードが配置されている…のだが、「?」と思う点が多々ある。
DELキーとBSキー、FNキーとコントロールキーが普通のキーボードと逆である。普通は並んでいるTABキーとQキーが上下に並んでいる。「」や()が変なところにある。:と;もそうだし、’や”に至ってはとんでもないところにある。
そこでキーボードの配置入れ替えアプリを導入したのだが、DELとBSを入れ替えることしかできていない。
結果、TABキーと間違えてQを押すわ、「」入力のたびに迷うわ、まあとにかくなかなかにもたついたのだけれど、さすがに半月以上になると慣れてきた。

ところが、である。今度は普通のキーボードでミス連発である。これはお気に入りのエレコムのBlueToothキーボードで、Windowsタブレットとセットで使っている。いわゆる日本語キーボードで、レッツノートと似た配置で6段キーボードなので大変使いやすい…はずだった。
ところが、ポケットのキーボードに中途半端になれると、コントロールとFNキーをはじめ、戸惑うわタイプミスが頻発するわ、もたつくようになってしまった。
うーむ、もうキーボードバイリンガルは無理だなあ。

2017年10月10日火曜日

贅沢な午後

先週に続き、警察協助員の紙芝居で高浜町まで行って、帰り道でひとつ用事を済ませ、どうせ今日はオフ日にしてあるので、そのまま上根来に直行。着いたら正午すぎだった。

助太郎ではなくゲストハウス(こちらは「与左衛門」であることを最近やっと覚えたので、近々何か看板でも作ってやろうと思っている)で少し添削して、コンビニで買ってきたおにぎりとカップラーメンを食って、お腹がふくれたら眠くなったので昼寝。
厚手の断熱マットを敷いて、ダイソーで買ってきたクッションを枕に寝た。暑いくらいの陽気だったのでTシャツで寝ようと思ったのだが、さすがは上根来、すぐに肌寒くなったので、あらかじめ準備していたジャージを着て寝た。
1時間以上、いやきっと2時間近く熟睡したのではないかと思う。
ふわああと起きて、気の向くままにギターなどつま弾いていたが、いい天気に誘われてサンダルをつっかけて散歩。
ちょうどナツメがいい具合に熟していたのでいくつか取ってポケットに突っ込み、かじりながらポトポト歩き、そのあたりの路傍に腰掛けて山と空を10分ほどぼけーっと眺め、またポトポト歩いてゲストハウス・与左衛門に戻った。
ドリップコーヒーをいれて飲み、もう一度ごろりと寝転がって、ファブレットで電子ブックなど少し読んでいたらまた眠くなってきたので気の向くままに二度目の昼寝。
今度はさすがに30分くらいで寝覚めたので、今度は紅茶をいれて飲んで、少しだけギターを弾いてから山を下りた。
贅沢だなあと思う。

2017年10月9日月曜日

残業時間が減っているらしい

新聞を読んでいたら、残業時間が減って、あるいはノー残業デーが普及して早く退社したものの、帰宅する気にもなれず、公園やカフェで過ごす会社員が増えているそうな。
まあ今はスマホなどのモバイル機器があるからボーゼンと時間を過ごすことはなかろう。昔の「定年退職したものの、やることがない時間にボーゼンとして公園のベンチでぼけーっとしている還暦おじさん」のようなことにならないだけ救いがあるが、早い帰宅に慣れて会社人間を脱するか、自由な時間の使い方(家庭・個人と会社以外の人生の使い方)に目覚めるかしてほしいものだ。
そうしないと、定年後の時間が生産性のまったくないものになってしまいかねない。ただウロウロして酒を飲んだり、ネットの世界だけになったり、まあつまり社会とのつながりのない生活にはなってほしくないなあ。

モバイル機器といえば、我が愛機・レッツノートをクリニックに出した。メーカーが購入後1年目に無料クリニックをしてくれるのだ。どこも調子悪くはないのだけれど、キーボードの刻印が薄くなってきているものがあるので、キーボード交換(これは有料)とセットで出した。レッツノートの黒いモデルは、以前から刻印がすぐ薄くなるというネックがある。他のPCと一緒に無造作にカバンの中に入れていたら、塗料がこすれてはげてしまったこともある。相手方のPCは無傷。どうもレッツノートは塗料に問題があるか?
まあそれはともかく、レッツノートが10日ほどいないので、その間の代役がいる。さすがにポケットは小さすぎるので、先に買った8.9インチLTEタブレットを使っている。メモリやストレージが非力なのが不安だが、まあ通常の使い方なら問題あるまい。家の中では仕事部屋にデスクトップ、外ではポケットがあるから、リビングルームで使うときだけタブレットを使えばよかろう。

2017年10月8日日曜日

段取りきわめてよし

我が家の裏で近所の連中や子どもたちと久々の(今年初めての)流しそうめんとBBQ。10月になって流しそうめんって…

流しそうめん用の竹はガレージ2階に収納してあり、もうすっかり乾いているので軽く、さっと運んでさっとセットできる。脚も結んであってさっと開くだけ。
BBQコンロに炭を積んでカセットボンベバーナーと強力ドライヤーで火を熾す。
灯りは庭木や配水管にロープを渡してLEDライトをぶら下げた。
うーむ、屋外BBQや流しそうめんをかれこれ20年近くやっているだけに、実にスピーディーである。
ということで、6時頃から準備を始め、10時前までたっぷり食って飲みました。

2017年10月7日土曜日

助言者は何事かほざく

敦賀のホテルで目覚めて朝食を取り、身支度を整える。

いつものセミナーツアーの格好と基本的には変わらない。違うのはジャケットを地味めのものにしたのと、ネクタイをしめていること。ネクタイなど年に1回か2回しかしめないので、珍しくて写真に撮った。^o^
会場に行き、みなさんに挨拶してから客席最前列にご用意いただいた席で研究発表を聴講したあと、パネルディスカッションのため壇上へ。

開始前の休憩タイムの会場風景。なんでも分科会の中では一番大きくて600人だか700人が参加するらしい。
1時間ほどのパネルディスカッションだったが、けっこう楽しく過ごせた。助言者の立場なので〆のコメントなどしないといけないので、相変わらずの漫談調で思いついたことをほざく。
10年以上前にPTAを卒業して、7年に一度めぐってくる東海北陸PTA研究大会のときだけ呼び出されて参加しているような状況だが、月日がたつと自分の考え方も変わっていって、また時代も変わっていって、こういう場でしているコメントも変わってきているなあと自分でも感じる。
無事終了し、みなさんが全体会に移動する中、さっさと逃げ帰ろうと思って控え室で帰り支度をしていたら、女房も会場で聞いていたことがわかって青ざめる。
玄関前で女房と合流して、パネルディスカッションのことはお互い何一つ話さずに敦賀駅近くまで送ってもらい、JRで小浜へ。1時間ほど電車に揺られていたらなにやらもう滅多矢鱈と眠くなって、帰宅するなり寝てしまった。「食のまつり」に少しでも手伝いにいこうと思っていたのに、昼寝から起きたらもう終了時刻を過ぎていた。すまんすまん。

2017年10月6日金曜日

懐かしのPTA

朝、バタバタと所要を済ませてM君の車に乗せてもらって敦賀市へ。明日本番の「日本PTA東海北陸ブロック研究大会福井敦賀大会」の分科会前日打合せだ。
私の立場は事例発表・パネルディスカッションにおける助言者で、なんとも面映ゆい一方で、下の娘が中学校を卒業して10年以上が過ぎたのに、まだお呼びがかかるのはありがたいことなのかもしれないな。
会場に到着したものの、私の出番まではずいぶんあるので、近くにある「きらめきみなと館」の喫茶店で添削して時間を過ごし、午後からリハーサル。当日がスムーズに流れるよう、疑問点を全部吐き出してわいわいと話し合った。形式的なうわべだけのパネルディスカッションは、せっかく皆さん遠路集まってきていただいているのに申し訳ないから、私の立場の範囲内でできるだけのことはしたい。
終了後、レセプション。PTA活動なかんずく県PTAなどというものから遠ざかって久しく、知っている人がほとんどいない浦島太郎状態で、それでもまあ楽しく飲んで食って語らった。面白いもので、忘れていたエピソードやイメージなどがどんどん蘇ってきて、なんとも懐かしかった。
ホテルチェックインは21時前。もう1軒飲みに行くということもせず、風呂に入りコンビニコーヒーを飲んで酔いを醒ましてPC仕事。

今日はレッツノートじゃなくポケットを持ってきた。添削もこのポケットで打ち込んだし、このブログ記事もポケットで書いているのだが、特殊キー以外はまあまあの速さで打てる。これからちょっとした旅はこれだな。

2017年10月5日木曜日

秋はバタバタと

警察協助員会の活動の一環で高浜町の保育所にて紙芝居。「いかのおすし」という。何の略だっけなあ。^^;
知らない人について「いか」ない。車に「の」らない。「お」おきな声で助けを呼ぶ。「す」ぐ逃げる。「し」らせる。確かそうだと思う。

最後に福井県警ゆるキャラの「りゅーみーちゃん」とふれあい。なんというか、こういことをたまにやると気持ちが洗われるというか。毎日やるときついけど、たまにはいいね。

秋は何かとイベントが多いせいか、どうも1日の過ぎるのが早い。
はっと気がつけばもう今月終わりには二次試験筆記合否発表で、それを受けて11月はセミナーツアーである。そして今月はRCCM試験直前でもあるので、添削もラッシュとなる。
その合間になにやらイベントとか細かい行事がけっこう入っている。
飲んでる場合じゃないな…と思いつつ、今日も泡盛古酒でふわんとしているワタシなのでありました。^^;

2017年10月4日水曜日

秋は一気に

寒くなった。涼しくなったのではなく、寒くなった。

用を済ませに少しだけ上根来に行ってきたが、もう空は完全に秋の空である。
よく晴れているのだが、風が強く、戸を開けていると長袖シャツだけでは寒く、フリースを重ね着してもなお寒かった。アブラギリの葉も週末よりぐっと黄色く、秋が一気にやってきていると実感。でもこういう季節の移ろいを実感するっていいことだな。

助太郎の屋根裏にあった五徳を囲炉裏に据えた。でっかい五徳なので、なんとかギリギリ収まった。週末に使ったかっぽ酒用の竹をそのままディスプレイに置いてあるのだが、こういうのを見ているとでっかい鍋で何か作りたくなってくる。^^;

2017年10月3日火曜日

政治談義好き

国政選挙の時期になると、こんな田舎でも選挙熱みたいなものが少しだけ感じられるようになる。
政治を仕事にしている人たちがそれなりに関心を示したり行動したりするのは当然のことなのだが、面白いのは喫茶店や居酒屋などで盛んに政治談義をやる人が増えることだ。
私も有権者の一人であり、自分なりに社会のあり方などの意見を持っているから、選挙の時には自分なりにきちんと考えて投票する。というか、棄権した記憶はない。でも地元の立候補者の往年の行状などはひととおり知っているし、そういうことに無関心でもないから、突然立候補した人はともかく、知っている人であれば演説だの何だのを聞くまでもなく自分の意中の人は直ちに決まる。だいたいの話、選挙期間中の演説や公約ほど当てにならないモノはない。そんなものどうでもいいから、その人の日頃の行動で判断すればいいはずだ。だから期日前投票をよくするようになった。だって日曜日はイベントが入っていることが多いんだもの。公示日に投票したっていいくらいだ。
話は戻るが、喫茶店や居酒屋で(最近はきっとネットでもいるんだろな)口角泡飛ばして政治談義をやっている人はまあ人それぞれだとは思うのだけれど、私は何とも鼻白んでしまう。みんな有権者なんだから各自がきちんと考えて決めればいいことであって、それを政治家でもないくせに何をわあわあ言ってるんだということですね。きっと昔から「言うだけ番長」が嫌いだからだな。特に居酒屋でそれをやられると酒がまずくなるので困る。
…ちょっと寒いくらいの時期になってきたし、いろんなものが美味い時期になってきたから、ちょっと久々に一人居酒屋行ってこようかな。^o^

2017年10月2日月曜日

もう一歩前へ?

イベントから一夜明けての片付けのために出かける時は、いつものことながら気が進まないものだ。何時ごろ出かけようかなとぐずぐずしていたのだが、たけしから片付けの電話があったのをしおに出かけていってみれば、1時間ほどで片付けは終了してしまった。^^;
すぐに山を下りてココスで昼食をとって、午後は仕事に戻った。

今回のイベントでわかったというか再認識したのだが、コンテンツは実に豊富にあるので、これを軽い負担でやれるようにすれば、けっこう面白いことができそうだし、食事と寝具の提供システムを作ってしまえば登山・トレッキング系もコンスタントに受け入れられそうだ。
もう少しだけ身を入れてやってみようかな。

2017年10月1日日曜日

大人の林間学校#2

朝5時に起床。なんでそんなことをするのかというと、天気がよくて、気温が10度くらいに下がるので、もしかすると雲海が出るかもしれないので、起きてみようということになったのだ。
通常雲海が出るのは10月後半からなので、どうかなあと思いつつも遠敷峠にいってみた。

なんと、見事に雲海が出ていた。10月になったばかりでこんなに見られることは滅多にない。最近お天気をことごとく味方に付けている私の面目躍如であろうか。^^;

video
さらにご来光も見ることができた。いやあ、こんな機会は滅多にないですよお。

早朝から満足した宿泊組のみなさんでした。眠気も吹き飛んだね。

今回の雲海はここが一番素敵だった。雲が流れ落ちていくアングル。

満足して上根来に降りてくると、アイザワちゃんが絶品「鯖の舟場汁」を持ってきてくれていた。葉寿司(へしこ・小鯛)も準備して、さらに上根来の行事食定番の鯖のねぎぬたも登場し、朝からみなさん食べる食べる、この人数で1升のご飯をたいらげました。

食後の運動ではないですが、とち餅作り。できたお餅はお土産に。私がお手伝いした竹の水筒と、Kさんのおじさんが作ってくれたアブラギリの杖という、わけのわからないお土産も持って帰っていただきました。
この後、上根来小学校、鵜の瀬、若狭姫神社と見学し、おさかなセンターで買い物して七輪焼広場で焼いて食べ(なんだか食ってばかりという感じだなあ)、午後2時に解散。
お越しいただいた皆さんに心から感謝。
スタッフとして来ていただいた百里会はじめみなさんに心から感謝。
この機会をくれた市役所文化課に感謝。
幸福感と、脱力感と、疲労感と、昨夜風呂入ってねえぞ早く風呂入りたいぞ感に包まれながら帰宅し、マッハで風呂を沸かして入り、超マッハで昼寝した。起きたら暗くなってきた。^o^;
まあともかく近年にない充足感です。それは思うにスタッフと参加者の一体感なんだろうね。

2017年9月30日土曜日

大人の林間学校#1

日本遺産関連行事で上根来プロジェクトの一環でもある「大人の林間学校」。上根来に来てもらっていろんな体験をしてもらい、そのまま泊まってもらう企画である。

京都をターゲットのひとつにしているので、京都からジャンボタクシーで鯖街道針畑越えルートを通って上根来に来てもらう。最初に遠敷峠に集合。
ちょっと曇り空だが、上根来集落からずっと先の若狭湾まで見える。

最初の集合写真。当初期待より参加者は少なかったが、その分密度高くやっていこう。

遠敷峠から登って針畑峠へ。若狭坊の説明を聞きつつ、ここから鯖街道ウォークである。

鯖街道針畑越えルートといえばこの深掘れ。標高にして400m以上を降りていく。

畜産団地跡に到着すると、Oさんの絶品猪汁が待っていた。ぼたん鍋なんぞ銀河の彼方に吹っ飛ぶくらい美味い。シンプルな味付けで肉の旨味がダイレクトにわかる鍋だ。
このあと雪室見学、そして薪割り体験。

歩いて炭焼き窯へ。ここで窯詰め体験。さらに上根来集落まで歩き、とち餅作り体験。そして集落散策。私はBBQ準備で行かなかったのだが、何やら「ブナ歩き」としてまた山に登ったっぽい。

百里会の方々も参加いただいてBBQ。もちろん小浜だから普通のBBQではない。最初に焼くのは肉ではなく焼き鯖、そしてタイカツや醤油干し、なれずし、鯖缶の小浜ならではの海の幸が次々に出てきてそのあとに出てきた肉も猪肉である。

かたわらでドラム缶風呂の準備。女性も含めて参加者みなさんが経験していただけた。

写真だけを見ていると(私も腕組みなんぞしているので)何やら深刻な会議をしているような絵面になっているが、実はリラックスしきった、ややグダグダ気味ですらある飲み会である。まあSUKIYAKI塾のみなさんはいつもの雰囲気なのでおわかりいただけていると思うけれど。^^;

お開きになったのは何時頃だろうか。このあと百里会の皆さんが帰り、少しギターも弾いたりして、それでもその日のうちには寝たと思う。
イベント主催者でありながら、存分に楽しませてもらった1日でした。

2017年9月29日金曜日

秋のいろんな行事が

「やさしさいっぱい!まちなか夢通り」の打合せ。今年で第11回になる。よくやってきたものだが、会場がまちの駅に変わって今年が2回目だ。

1回だけの打合せ会議も、はまかぜプラザの2階の和室で、なんとも市民の手作りイベントっぽくなって、その一方でもう年中行事となって「いつもの通り」進めるので安定感がアップしてわくわく感がダウンしているような、なんとも微妙な感じである。

今日、クリスが2回目の来浜。前回同様に居酒屋で夕食。
明日から「大人の林間学校」である。楽しみだ。

秋はとにかく行事行事で、週末はどこかで誰かが何かをやっている印象だ。

2017年9月28日木曜日

すでに寒く

明後日がイベントで、明日はあまり準備できないので今日のうちにと上根来で午後からずっと過ごした。
午後の前半はナンジャコレハと思うような風雨と低温の中、ひたすらに片付けと掃除。
おそらく3時頃からじゃなかったかと思うのだが、雨もやみ、日が差してきた。

何がびっくりするといって、助太郎の前が舗装されていた。林道の舗装工事のついでにお願いしたもので、こうすることで機械類の運搬費用分だけ安くなるのだが、それでもそれなりに費用はかかる。それでもこれまでのいろんな苦労を思うと決して高くないと思う。
その後もひたすら掃除を続けていたのだが、どうも午後3時過ぎにしては暗くなってきたなあと思っていたら、なんてことだSmatwatch3君がおねんねしている(バグっている)ではないか。再スタートしてみると午後6時。おまえなあ。
大急ぎでゲストハウスの掃除を仕上げて助太郎も掃除して、せっかくだから10分だけと思って結局30分ギターを弾いて歌って、真っ暗な中を降りていくと、案の定シカに出会うことといったら。てか、車が来てるんだからもう少し慌てて逃げろよ。^^;

しかしそれにしても、季節がここまで進んでいるとは。掃除をやって体を動かすからとTシャツ1枚で作業を始めたのだが、窓を開けて作業をしていると寒くて寒くて。結局窓を閉めてTシャツの上に長袖シャツも着て何とかなったが、次回以降はジャージだな。それも厚めの。
暑いのは苦手なので涼しくなるのはいいことなのだけれど、どうも上根来は「暑い」から一気に「寒い」に移行して、「涼しい」が一瞬で通り過ぎる傾向があるなあ。

2017年9月27日水曜日

半額まつりだ

福井に日帰りして、その直後に市役所でまた会議。
予定では小浜駅着が18:51だから、駅の駐車場から車で市役所に直行すれば間に合うかなと思っていたら、小浜線で電車がシカに衝突して5分ほど停車し、あえなく遅刻。
しかしシカに衝突しても誰も騒がず、ワンマンカーの運転士も落ち着いた声で「ただいまシカに衝突しました」だもんなあ。まあ私もぜんぜん驚かなかったのだけれど。
市役所での会議は予想外に早く終わったのだが、まあともかく、いろいろあって実に疲れた1日だった。今から飲みに行く気力もなく、まだ近所のスーパーが開いているので何かツマミを買って帰ってビールでも飲もうと思っていると、バイアさんことグラさんから飲み会レポートが。

名古屋人を東京の沖縄に連れて行って飲んでいる。この名古屋人、元高知県人だけによく飲む。すごく飲む。もうどーしよーもなく飲む。
よく見ると4人全員SUKIYAKI塾沖縄に派遣講師として行っている。あっ、よく見ると元高知県人の隣はかつて沖縄で彼を叱り飛ばした御仁ではないか。
何でも今日はライブもあって、オリオンビールをみんなで歌って盛り上がったとか。

悔しいので、私も豪華にいくことにした。カツオのタタキに焼き鳥に納豆、そして〆にそばと天ぷらである。どうだどうだ。全部半額だぞぉ。しくしく…

2017年9月26日火曜日

あっという間にドローン

私は田舎住まいの関係もあって、ネットショップをよく使う。
もっとも頻繁に利用するのはAmazonで、そのため頻繁にセールスのメールが来る。時々楽天からも購入するのだが、あまりメールが頻繁に来た覚えはない。またジャストシステムやジョーシンも購入したことがあるのでしょっちゅう来るね。
時々「オッ」と思う商品があって、ごくたまに本当に購入したりするので、こういったメールはだいたい目を通しているのだが、ICT商品の進歩はすごいね。
特にすごいなあと思うのがドローンで、首相官邸にドローンが入り込んで話題になった(犯人は小浜市の住民であった^^;)のがほんの2年半ほど前だよね。多くの人はそのときに「ドローン」という言葉を知ったのではないかと思う。
その半年前に「まちなか夢通り」の開会式でドローンを飛ばし幼稚園児を驚かせ、その3ヶ月前のみちの駅イベントでは夜空に舞い上がったドローンに、ちょうどステージ中だったボーカルの女性が「あれ何-?」と大騒ぎしていた。

video
これは昨年、若狭坊が発注して撮影した上根来集落。こういった撮影はあちこちで普通にされていて、PV撮影や災害把握その他、本当になくてはならないものになった。
手のひらサイズのドローンが1万円もせずに販売されていて、なかなかの品質らしい。私はまだ買っていないけれど、来年あたり嬉しそうに「買ったよーん」などと言っているかもしれない。
「急激に普及したもの」はいろいろあるけれど、ドローン普及はこれまでにないスピードではないかなと思う。
ドローンの市場シェアは圧倒的に中国メーカーだが、確か深圳の会社だったと思う。私が先日買ったポケット君もそうだ。かつてのソニーのような「ワクワクするような新しく面白いもの」を作り出すのはこうった新興の国・企業になってきたようだ。

ともあれ、ドローンを日常使いできるといろいろ面白そうだ。まあいろんな規制があるから、いつでもどこでもというわけにはいかないけれど、単に風景を空から眺めるというだけじゃなくて、いろんなことに使えそうな気はする。
いかん、ほしくなってきた。^^;

2017年9月25日月曜日

北で飲んでる奴らがいた

バタバタしているうちに秋分が過ぎ、日が短くなった。

上根来ゲストハウスの営繕をちょっとやりに行って、一息入れてポケットとファブレットで添削していたら、あっという間に暗くなってきて電気をつけた。そうしたらはっきりそれとわかるくらいに急激に気温が下がってきた。
もうすぐ暖かい服がほしくなって、その後は指がかじかんでギターが弾けなくなってくる。季節がぐんぐん進むことにとまどうばかりだ。

などとしみじみした気持ちでいたら、やえもんさんが北の大地の美味い店から写真を送ってきた。皿いっぱいのモツ、大徳利に入った焼酎、表面に油が浮いているそば、ああ、また行きたい。
さて、この店はどこでしょう。…ってクイズにもならないか。

なにやら東京のほうでは名古屋から来たクレヨンを東京の沖縄へ連れて行くという、地理情報大混乱みたいな飲み会が企画されているようだし、まったくもってSUKIYAKI塾の広がりは素晴らしい。

2017年9月24日日曜日

ヒミツの温泉紀行その2

10時前に寝たものだから、5時過ぎに起きた。昨夜の分を取り返すんだとばかりに風呂へ。じんわりと染みる、素晴らしい湯でした。

6時前、放射冷却で雲海ぽくなっている。この温泉街の標高は700mを越えている。

6時過ぎのまちを散策。朝の涼しい空気が気持ちよい。歩いているうちに、昨夜あんなに食べたのに腹が減ってきた。わかりやすい体なのだ。^^;
宿に戻ってまた入浴。

朝食がまた豪華。東日本は本当に漬け物が抱負だなあと再認識。またもや腹一杯。
チェックアウト前にまたもや入浴。これで合計3回、まあ満足である。

午前中一杯旅を楽しみ、1時過ぎの新幹線で帰路についた。6時帰宅。
セミナーツアーはやりがいもあるし、全国のいろんな人に会える、本当に楽しいものなのだが、反面、時間に追われて移動して、時間を惜しむようにわーっと飲んで、それでもコーヒーと風呂で復活して夜なべ仕事をして…と余裕のないものでもあるので、今回の旅は「旅をゆったり楽しむ」という点で、久々に本当の旅をしたような気になった。

ポケット君も予想以上にしっかり使えることがわかったので、大満足である。時間との勝負で添削をしたり、模擬面接をしながらがしがし評価コメント入力をするような場ではさすがに力不足だが、そういった点で余裕のある時期であれば、レッツノートのかわりにポケットを持って旅に出てもいいなあと思った。少なくとも小浜の中で持ち歩くならポケットで十分な気がする。